リグログ!

【LifeHack】ぼっちSlackを始めてみた

会社でSlackを使い始めましたのですが、
これは上手く使えば便利そう!と思いぼっちSlackを始めました。

デメリットとしては無料版ではメッセージが10000通までの制限されるところです。
とはいえ、ぼっちでやるのでまずはそこは意識せず運用してみたいと思います。

経緯

通信大学にも通っているので、どの講義がどの程度進んでいるかをメモしておきたかったり。
資格試験とかもたまに受けるのでその進捗もメモしたかったり。
カレンダー予定を通知させたり、一元管理したいなーというのがきっかけです。

やりたいこと

  1. ToDo管理
  2. 気になった記事やリンクを一時的にメモしておきたい
  3. 学習状況の進捗具合やメモを取りたい
  4. カレンダーに登録したものを通知
  5. メモ程度のスクリプトの保存

チャンネル整理

スクリーンショット_031816_112058_AM

接頭にアンダーバーをつけたものはグローバルなチャンネルで適当チャンネルです。
カテゴリ名_サブカテゴリ名
のように分けたものはその名の通りですが…。

パブリックチャンネル
_twitter
これはTwitterとの連携です。
SlackからTwitterに送信できたら便利かなぁと思ったのですが、
公式のTwitter for Slackではその機能はない?みたいです。
接頭にアンダーバーがついているからプライベートチャンネル感がありますが…(笑)

その他の_gitとかそんな感じで。
_memoは単純にメモです。帰りに大根買って帰る~とか。

プライベートチャンネル
例えば、
univ_psychology
これは、通信大学_心理学 という意味で管理することにしました。

work_maya
これのworkは個人の勉強用という意味にしました。
個人のmaya勉強!って感じですね。

こんな感じでまとめていったらチャンネルが一気に増えてしまいました。

ここまで分けて運用できるか…という心配が既にあります(笑)

追加アプリ

ここでSlackにアプリを追加できます。
便利なものがあるので一度見てみましょう。

私はTwitterやDropBox等を入れましたが…。まぁこの辺は通知機能程度でしょうね。
Googleカレンダーは非常に便利だと思われます。
カレンダーに登録したものを通知するようにすることが可能なので、
GoogleカレンダーにToDoを登録しておき、毎朝通知させるとかもいいかもしれませんね。

まとめ

まずは運用…

参考リンク

ぼっちSlackがわりとおすすめな話
Slackを毎日のライフログの場として使う
一人チャットとして使う観点から、チャットワーク・idobata・Gitter・Slackを比較してみた。
一人ぼっちのSlackの始め方〜Hubotだけが友達〜


図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 1,979

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

HelloWorld!

// サイトについて
主に3DCGのテクニカル関係の
ネタを取り扱うサイトです。

情報提供随時お待ちしております。


//管理人経歴

CADデザイナー

DTPデザイナー

3DCGインストラクター

UI/UXデザイナー

3Dジェネラリスト

アートディレクター

テクニカルアーティスト

リギングスーパーバイザー

テクニカルアーティスト

免責事項

本サイト内で公開している
全ての情報に関しては、安全性等、
いかなる保証もされません。

これらの情報を利用したことにより
生ずるいかなる損害に対しても
当方は一切責任を負いません。

使用する場合、
自己責任でご使用ください。

アーカイブ

カテゴリー