リグログ!

【Maya2016】DGとParallelについて

Maya2016でパラレル評価というものができるようになりました。
ふとDGはどうなるんだろう…と思ってパラレル評価を調べてみました。
とりあえず先に結果だけ表示してみます。

以下の画像のフレームレートを見てみて下さい。

DG

無題クリップ_121515_012752_PM

Parallel

無題クリップ_121515_012626_PM

この差は大きいですよね。
場合によっては100fpsくらいの差ができるところも確認できました。

キャラクターが複数いる場合により効果を発揮すると感じました。
ちなみにこのシリンダーが1つの場合はFPSの差はほとんどありません。

個々が独立ている場合に効果を発揮しそうです。
と、まだ調べている段階なので今回はここまで。

これに関係のありそうな情報をまとめておきます。
MAYA2016ヘルプ:評価マネージャのパフォーマンスを高める
MAYA2016ヘルプ:ビューポート 2.0 オプション(Viewport 2.0 Options)


Mayaリギング -正しいキャラクターリグの作り方-
Tina O’Hailey ティナ・オヘイリー
ボーンデジタル
売り上げランキング: 57,890

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

HelloWorld!

// サイトについて
主に3DCGのテクニカル関係の
ネタを取り扱うサイトです。

情報提供随時お待ちしております。


//管理人経歴

CADデザイナー

DTPデザイナー

3DCGインストラクター

UI/UXデザイナー

3Dジェネラリスト

アートディレクター

テクニカルアーティスト

リギングスーパーバイザー

テクニカルアーティスト

免責事項

本サイト内で公開している
全ての情報に関しては、安全性等、
いかなる保証もされません。

これらの情報を利用したことにより
生ずるいかなる損害に対しても
当方は一切責任を負いません。

使用する場合、
自己責任でご使用ください。

アーカイブ

カテゴリー