リグログ!

【Maya】パフォーマンステストからわかるPyMELの重さ

前回に引き続き、パフォーマンステストブームなので…。
今回は3000個のpolySphereの法線をチェックする場合の時間を計ってみました。

結果

ライブラリ 時間(秒)
maya.cmds 14.5990002155
pymel.core 47.5500001907
Python API 1.0 0.258000135422
Python API 2.0 0.0889999866486

結果について

思っていた以上に差が出ました。
ノード1つだったら場合によってはPyMELの方が早かったりもしたので、
テストで使う場合はPyMELを使う選択はいいと思われます。
PyMelのconnectAttrとかはわかりやすくて好きですし。

コード


Practical Maya Programming with Python
Packt Publishing (2014-07-25)

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

HelloWorld!

// サイトについて
主に3DCGのテクニカル関係の
ネタを取り扱うサイトです。

情報提供随時お待ちしております。


//管理人経歴

CADデザイナー

DTPデザイナー

3DCGインストラクター

UI/UXデザイナー

3Dジェネラリスト

アートディレクター

テクニカルアーティスト

リギングスーパーバイザー

テクニカルアーティスト

免責事項

本サイト内で公開している
全ての情報に関しては、安全性等、
いかなる保証もされません。

これらの情報を利用したことにより
生ずるいかなる損害に対しても
当方は一切責任を負いません。

使用する場合、
自己責任でご使用ください。

アーカイブ

カテゴリー