リグログ!

【Python】range と xrange

Pythonのビルトイン関数。
rangeとxrangeの使い方メモ

//range
・リストを作るよ!
・当然、リソースの消費あり。

例えば、1000個何かを操作する場合は
range(1,1000)となり
1~1000が入った配列が作られてしまう。

//xrange
・範囲を取得するよ!
・リソースの消費なし

rangeのリストなんていらーん!って場合はxrangeを使う。
ポリゴンの頂点操作等、操作するものが多い場合は必ずこっち。
10万頂点とかのrangeなんて作ったらやばい。使わないし;

リストをそのまま使うことってあんまないとは思うので、
for文とか回す際にはxrangeを使った方がよさげ!ってことで!

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

HelloWorld!

// サイトについて
主に3DCGのテクニカル関係の
ネタを取り扱うサイトです。

情報提供随時お待ちしております。


//管理人経歴

CADデザイナー

DTPデザイナー

3DCGインストラクター

UI/UXデザイナー

3Dジェネラリスト

アートディレクター

テクニカルアーティスト

リギングスーパーバイザー

テクニカルアーティスト

免責事項

本サイト内で公開している
全ての情報に関しては、安全性等、
いかなる保証もされません。

これらの情報を利用したことにより
生ずるいかなる損害に対しても
当方は一切責任を負いません。

使用する場合、
自己責任でご使用ください。

アーカイブ

カテゴリー